子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)をお持ちの方が再婚(女性は離婚した後、半年間の待婚期間があります)する場合、自分の気持ちだけじゃなく、子供の気持ち(その時々で変化していくものです)も考えないといけません。 そのことを理解せずに再婚(離婚が珍しくない昨今では、再婚率も上昇傾向にあります)してしまうと、結婚生活がうまくいかなかったり、子供の心に大きな傷を与える可能性があります。 そのため、再婚をするのは構いませんが、ちゃんと子供の気持ちを最優先した方が良いです。 まず、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)からすると、どんな理由で別れたにせよ、母親は母親です。 新しいママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)ができたとしても、そんなにたやすく納得できる訳はありません。 もし、再婚を行いたいのであれば、子供の気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)を十分に理解して、焦らずにタイミングを図ってからの方がいいでしょう。 そして、仮に再婚した場合は、無理に子供と再婚相手を仲よくさせようとする事は逆効果なんです。 逆に拒否反応を示す可能性の方が高いので、時間を掛けて少しずつ距離を縮めるようにします。 また、子どもには子供のペースがあるため、自分の時間を与えるといったのも必要になります。 その上、子供に申し訳ないという気持ちで再婚してしまうと、子供もそのことを敏感に感じてしまうため、そういった気持ちは持たないようにしましょうー